カエルと まったり 過ごしたい ハイパー 

カエまた・ハイパー改。お気楽極楽可憐変態極悪主婦けろりんのブログ。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

戦い済んで。

けろりんです。
大学病院帰りです。


夕べは怖くて4時過ぎまでねむれませんでした。

あんまり怖くて、だり~んについてきてもらい。

待合室で待ってると、名前呼ばれました。

先生に連れられ、広い診察室の中をズンズン奥まで進みます。
治療椅子の山々を超えて進んだ先には。


「手術室」。


いやああああああっ!

手術だあ!やだあやだあ!



しかし。中に入るとシンプルなもんで、ふつーの歯医者さんの治療椅子が、3つくらいあるだけ。衝立で区切ってあるだけ。

拍子抜けしつつ、だがしかし心臓バクバクで椅子に座りました。

「えーと、今日は左奥の親不知を抜きますよ。けろりんさん、怖がりなんだよね?」


はあ。そーなんですぅ。
巨大なボディですが、ノミの心臓なんですぅ。
そこんとこ、よろしくです~。

先日の問診で痛がり怖がりな旨は主張済みなのです。


麻酔。
昔、恐がりのあまり、麻酔注射の前に、プレ麻酔してもらって、注射の痛みを和らげてたっけ~。
ムム。いきなりか。チクチク痛いけど、3箇所目に針を差すころには、最初のがきいてきつつあるし。


「口、あまり開けないでね~。右向いて~。痛くないですか~?ん。ほっぺが痛いか(笑)」

んとねー。口の端っこの作業なので、唇の端っこが、裂けそうで痛いし、ほっぺも引っ張られて痛いけど、それは我慢するしかないんすね。
あ。歯は痛くないです~。


「あ。なるほど。こりゃ、こーなってるのね。お~いメス持ってきて。剥離だっ。」


あー。そーいう看護婦さんとの会話は、隠語とかで、わかんないように話してくださいよぉ。(涙目)


んで。看護婦さんが何か持ってきた気配がして、口の中で何かゴリゴリされてる気配がしたと思ったら、コロンって、小さな何かが口の中に転がりました。



「はいっ。けろりんさん、抜けましたよ~」


へ?
もう終わったの?

前に抜いた時は、まだまだこれからお楽しみタイム(あたしには地獄タイム)だったような。


ガラガラとうがいして、終了です。


待合室に出てびっくり。
名前呼ばれてから、また待合室に戻るまでの所要時間。


10分。(笑)


だり~んが待合室にいない。
油断してどっかウロウロしちゃってるらしい(笑)

結局、手術所要時間と、だり~ん待ち時間が同じだけかかり、病院をあとにしました。


会社の人に、「すぐ終わるって」「月曜日まで腫れて話が出来ない状態なら手術失敗だよ」だの、慰めとも脅しともとれる温かい言葉をいただいてました。

あたしだって過去3本抜いた経験則で、すごい怖がっていたんですが。


ふつう、こんな簡単にとれちゃうんだ~。

傷、縫わなくていいから抜糸もいらないんだ~。



10年前、大学病院送りで、2本抜いた時は、そりゃあもう(血涙)。

どうりであの時、沢山の学生に熱いまなざしで見つめられてたはずだわ。(口の中のみ)

斜めで奥深く生えていて、抜くことは無理。砕いて細かくしてから除去したの。口腔外科の症例では大したことないんだろうけど、生徒に紹介できる程度にはイレギュラーケースだったのかにゃ。

先生も「これがこうなってるから~」なんて、説明しながらノミと金鎚で土木工事してたもんね。

あんときは、ほんとに2~3日腫れも酷く、なかなか血も止まらず、話せず、数日間流動食。
ウイダーインゼリーを用意してたけど、チューっと吸うと、傷が痛くて泣いたっけ。


でも。たぶん、今日、流動食じゃなくてもいいかも。
すごいぞ。まだこれから痛むかもだけどさ。(たまに不穏なの)


あー。終わりました。めでたしめでたし。

(治療はコンテイニュウ)

category: にっき

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。