カエルと まったり 過ごしたい ハイパー 

カエまた・ハイパー改。お気楽極楽可憐変態極悪主婦けろりんのブログ。

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

カーナビなんて要らないっ?!

やっほぉ。今日も元気なけろりんです。
ちっともダイエット進んでないどころか、洋服が縮んでるのは何故?(涙)

 通りに愛称ついてると迷わない

 ヤフーで拾ったニュースです。


某国と某某国で過ごしたことのあるけろりんですが。
どっちの国も感動した事の一つが、住所が明確だってこと。

日本って、区画っつーかブロックに名前がついてるから…
 
同じ番地の山田さん。うちの裏の家の、2軒お隣さん。
でも、そのうちに行くためには、一旦路地を出て表通りの2本目を曲がって、さらに二筋先を曲がって、一番突き当たりまで歩け。
なんつーことも、路地の入り組んだ場所にはよくあること、だよね。

けろりんの滞在した土地は、どっちも住所は家の面する道路の名前。
番号は端っこから順番に、道路の片側が、偶数。反対側が奇数で、順番に並んでる。(番号を、道路のどちらの端からふるかは、方角やその他の要因で法則がある。)
んで、家やビルの前には必ず番号は明記されてる。
んだからすごーくわかりやすい。

道路の名前も、道のいたるところにあるし、交差点には必ず何と何が交差してる交差点か、必ず明記してあるから。

はじめていく場所も、正確な地図があれば、かなり確実にたどり着ける。あまり、カーナビの必然性を感じませんでした。


ちなみに、京都って、こんな感じだよね。碁盤の目だし、通りに名前があって、番号順に並んでる筋があって。
「お上がりやして、お下がりやして。。。。」って言われちゃうと、
「階段上がってから、地下に潜れってのかああ!!!」と、余所者は叫びたくなっちゃうけどさ。(笑)

 京都人は瞬時にして「東西南北」を察知する能力があるじゃないですか?上がる下がる、って北上と南下でしょ?

 実はね。あれは、京都の人ってのは、体に方位磁石が内蔵されているからなんですよ。
 京都人は、生まれるとすぐに、産科で簡単な「方位磁石内蔵手術」を施されるのです。
 また、京都に転入した住民は、希望すれば同様の手術を受ける事ができます。

 ただし、京都でしか作動しない仕組みになってますので。。。
 京都から一歩外に出れば、方位察知能力は常人と同じなんですよ。

 (注:今日も4月1日ってことにしといてください)


話が横道にそれまくってしまいました。ああ、迷いそう。

このニュースの取り組み、なかなか面白いですね。
そーいや、うちの実家のそばの大通りも、昔「○○○通り」って
名前を付けられたときには「なんじゃ、そりゃ?ダッセ~」って
思いましたけれどもね。今では便利に使ってますもん。。。

category: にっき

[edit]

page top

« トラバ停止のお知らせ  |  トラベルバトン »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerorinkerorin.blog53.fc2.com/tb.php/117-b958bee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。