カエルと まったり 過ごしたい ハイパー 

カエまた・ハイパー改。お気楽極楽可憐変態極悪主婦けろりんのブログ。

11/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ぐうぜん。

Yahooを開くと、真ん中あたりに広告が載ってます。
それはランダムにページを開くごとに変わるんだけど。

今日。たまたまYahooを開いたときに


   ヤフオク流グルメライフ

 たとえば冷凍庫の中は常にカニ


 ってのを見てしまった方で、あたしを思い出した人は不正解です。

 今、我が家の冷凍庫には「たい焼き」と「いきなりダンゴ」が(はあと)
 そろそろ楽天のオークションでカニを競る季節到来だけどね


今日、会社からの帰り道の駅で、どこかで見たことある歩き方の人物を見つけました。

見覚えがあるけど、あたしより少し前を歩いているので、はっきりと確認できません。

 尾行開始。(笑)

幸いにも彼女は、私と同じホームで同じ方向の電車を利用する模様。
(小さな駅だから、殆どの人がソレ使うんだけど)

同じドアから乗って、そんなに混雑してないのに彼女の隣に周り、彼女のすぐ側に立ちました。

あたしの「どーみても怪しい人の振る舞い」を察知した彼女が、ようやっと顔をこちらに向けてくれて。。。

 双方で確認。

小学校も中学校も高校も一緒で、それなりに仲の良かった友人でした。お互いに引っ越したり色々したので、ちょっと疎遠だったので、10年ぶりくらいに会ったのかな。

 変わんねえな。
 
 (お前に言われたかネエと思ってるだろうけど)


東京に住み東京に勤める彼女は、滅多に変態市に来る事はなくなったそうですが(実家は変態市)、今日はたまたま、会社の研修会があったのだそうです。けろりんの職場のそばで。

少しだけ時間があるとのことで、無理矢理お茶に誘い、色々お話をしました。うーむ。懐かしかったなあ。
携帯の番号やメルアドを教えて、別れました。
おーい。ちゃんと返事寄越せよ。でも名刺もらったからいいけど。

こーいう偶然、なんか心がホッコリしますね。


ま、結構偶然で、いろんなところで思わぬ人物と会ってるので、
悪い事はできねえなあって思ってるんですけどね。あはは。


この夏に弟が引っ越したんですけどね。荷物運び出し前日が、あたしの
お勤め初日でね。勤めた後、手伝いに行ったんですわ。
あれ、この話、書いたかなあ?(記憶喪失)
いいや。書いちゃえ。

んで、翌日、職場で報告。

けろ「昨日は引越手伝いで大変でした~」
社長「お疲れ様。どこまで行ったの?」
けろ「S市です」
社長「ほお。S市の、駅はどこ?」
けろ「某駅です。」
社長「ええっ!某駅?某駅のどの辺?」
けろ「けろけろ団地です。」
社長「(呆然)。。。。うそだろ。。。。何号棟?」
けろ「○号棟です。。。」
社長「え。。。。。(固まって動けず)」

社長は弟の旧宅の、隣の建物にお住まいだったのですわwww
結構広い団地で、沢山、棟があるんすけどねえ。
知ってればピンポンダッシュしたのに

社長「けろさん、弟さんは、引っ越して来たの!!??」
けろ「いえ。出て行ったんです。」
社長「ああ。そうか。。。」


 ここで社長は、ちょっと安堵の表情を見せました。
 そりゃ、どこの馬の骨ともわからない、昨日来たばかりの派遣のオバチャンが、しょっちゅう自分の自宅付近をウロウロすることになったら、ちょっと怖いよねぇ。


けろ「あの団地のすぐそばにスーパーありますよね」
社長「ああ、カエルマートね。」
けろ「あのスーパーで、義妹がバイトしてて、お惣菜作ってたんです。奥様がお忙しくてお惣菜を買ってこられた日には、うちの義妹の作ったお惣菜を召し上がったかもしれませんよっ!」
社長「う。。。。(言葉に詰まる)」


けろ「ちなみに、けろけろ団地のゲコゲコ歯科ってありますよね。」
社長「うん、あるね。」
けろ「あれ、友達が開業してるんです♪マジメでいいヤツですよ~。」
社長「。。。。(もう硬直して何も言えず)」


ちなみに、S市って、弟が住むまでは縁もユカリも無かったんす。
弟も、そうとは知らずにその歯医者に通ってました。

偶然とは恐ろしいざます。
みなさんも、悪い事はできないざますわよ。おっほっほ。

スポンサーサイト

category: にっき

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。