カエルと まったり 過ごしたい ハイパー 

カエまた・ハイパー改。お気楽極楽可憐変態極悪主婦けろりんのブログ。

11/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

きっと死因は、刺殺だわ。

ショッキングなタイトルですみません。

つくづく。あたしの死因って、きっと口論の末、相手にナイフで刺されるとか。そんな感じだな~って、思っちゃったのでした。


今日は、クラシックのコンサートに行ってきました。
なんとね。だりーんがチケット当選したのだ。2名様ご招待。
本来は1人2500円する、クラシックのミニコンサートです。

某企業(音楽系)主催とはいえ、会場はとても小さくて、観客席は120人くらいでした。
演奏者は、若くって(20代半ば)可愛らしいお嬢さんたちのグループ。プロとして活動しているけれど、駆け出しで、まだまだ雰囲気はアマチュアっぽいの。オシャベリも、ちょっと滑ってるしさ(笑)
演奏も。。。うむ。まだ若いから頑張れ~って感じだけれども、一生懸命で、好感持てました。
何より、ほんとに可愛いんだ。ちょっとしたアイドルっぽい。まだ初々しくて。演奏のファンというより、アイドル的に追っ掛けの人もいるとみた。
お客さんも内輪っぽい人ばかり。有料なんだけど、妙にアットホームなコンサートだったのでした。

うちのだりーんは、鼻の下伸ばしながらそのグループのCDを買って、サインしてもらって、たぶん握手もしたのか?!ご機嫌でした。

 # どーでもいいが。ヤツは可愛いお嬢さんのコンサート
   ばかり選んで応募して、当選してるような気がするのだ。
   ヤツはしょっちゅうクラシックコンサートに当選してるが、
   男性のコンサートに当たったのは聞いた事がない。


んでもね。むかつくお客さんがいたのだ。

風貌はね。裸の大将の山下清みたいな感じ。
あんな感じの人が、このクソ寒い日に膝丈の短パン履いて、サンダルつっかけて。クラシックコンサートには全く場違いな人。服装で差別してはいけないけれど、明らかに異質な空気が漂ってました。

そして、その人が、演奏中にカメラでガンガン撮影しまくってるんです。
小さなホールです。席は多少離れていたけれど、シャッター音、フィルムを巻き上げる音、響き渡ってます。始めは撮影スタッフなのかなと思ったんだけど、どうも違う。フィルム巻上げの音が「使い捨てカメラ」のソレっぽい。
つか、常識で考えて、演奏中どころか、普通コンサートホールでは撮影と録音は禁止です。有り得ません。

少なくとも、あたしかだりーんが彼の側の席であったならば。
「うるさくて迷惑だから、止めて下さい。」と言う程度には五月蝿かったっす。


で。演奏会終了後、CDを買った人にはサイン会があるというので、だりーんはCDを買いに外の売り場へ。

あたしは会場内にいましたが、外に出る人に道を譲るため、一瞬、件の「山下清」の近くに席を移動した時のことです。

そしたらね。会場のスタッフさんがね。「山下」と話をしてます。
どうやら、スタッフが「撮影は遠慮してくれ」と注意したところ、「山下」が逆切れして怒りまくってるんす。

「俺はコンサートは色々行くけど、こんな事言われたの、初めてだよ!!」

  おいおい。普段どんなコンサートに行ってるんだよ。
  街頭での無料コンサートか?


「彼女達も、歌を口ずさみながら聞いてくださ~い、なんて言ってたし。カジュアルなコンサートだったじゃないか!!」


  何を屁理屈をこねてるんだ、このクソオヤジ。
  歌口ずさむのは、一緒に音楽を奏でてるわけで。
  撮影する音は単なる雑音だろーが。妨害だっつーの。


「だいたい、誰も迷惑だなんて、思ってないよ!!」


  ブチっ。


  ああ。けろりんのリミッター、振り切っちゃいました。


  ぬわにぃいいいい!?
  誰も迷惑に、思ってない、だあああああ??!!!!!


  次の瞬間、あたしは二人の会話に割り込んでました。


「あの。少なくともあたしはすんんごい迷惑だったんですけど。
 あなたのシャッター音、フィルム巻上げの音、全部聞こえてました。
 すっごい、迷惑でしたっ!!!!!!!!!!!!!!!」


 ああ。よせばいいのに。言っちゃいました。

そう。きっとみんな、迷惑に思ってたはず。
でも、どう考えても堅気の人の風体ではないんです。この人。だから、不気味だから誰も何もいえなかっただけ、なのに。


 もう、山下。大変です。

 
「おまえは、余計な事を言うなああああああ!!!!」

 山下の罵声を背に、あたしは自分の位置に戻りました。っつーても
数メートルしか離れてないけどな。

 会場スタッフ相手に、ガンガン叫びまくってます。

「だいたい、おまえたちが余計な事を言うから、俺があんな女に嫌味を言われる羽目になって、恥をかいたんだ!おまえらのせいだ!」

 このセリフ×3くらい言ってました。

 あんな女、と言うたびに、こちらをみて、あたしをにらみつけてましたんで。
 こちらからもガン飛ばしました。睨み返して差し上げました。
 あたし、全く間違った事、言ってませんからっ!!!


 「山下」は、もう最初の論点からずれてます。手のつけようがありません。逆切れして、着地地点が見つからなくて怒りまくってます。
だから上記の支離滅裂なセリフ×3なんだけどね。


 その後、スタッフのお兄ちゃんがこんな面倒なヤツはとっとと返そうと思ったのか、彼の言う事にはもう逆らわず、「山下」からお金を受け取り、CDを買って来て差し上げましてね。

 んで「山下」は一番乗りで彼女達にサインをしてもらってね。
 可愛い女の子達とお話して、ギュッと両手で握手とかしてもらって、ご機嫌になって、追い出されてました。

 実は2番目にだりーんが並んで、一緒に鼻の下を伸ばしてサインをもらってたんですけどね。(爆)

 「山下」はだりーんにぶつかっちゃったんですが、だりーんの肩を叩いてニコニコして「ごめんごめん!」なんて言ってましたよ。その後凄い速さで居なくなってたけどね。www

 ほんとは単なる気のいい怪しいオヤジなんだろーな。
 ちょっと、すむ世界は違う気がするけどね。

 スタッフさん、後であたしのところに来て平謝りです。
「いえ。こちらこそ、余計な事を言って済みませんでした。申し訳なかったです...」
 あたしも、平謝りであります。

 「今までは個人の良識に任せていても、こんなトラブルはなかったけれども、今後は最初にアナウンスするなり、何らかの方法を考えます。」って。

 そもそも「撮影と録音は不可」って表示してないコンサートってアンマリ無いよね。アイドルのコンサートだって、写真撮影禁止でしょ?!
 普通、みんなソレは常識だから、やらないけどさ。
 今回は演奏者側も、まだ「発表会」のノリに近い若い人達だったから、あまり気にしてなかったのかもしれない。
 でも「演奏中に他の人に迷惑だから」って問題じゃないと思ふぞ。著作権とか、肖像権の問題じゃないのかなあ。
 「音楽」の会社なんだから、その辺の認識が甘いのはチョット問題だよな。このホールは小さいけれど、それなりのプロの方とか有名な人も、プチコンサートしたりするんだけどねぇ。。。


 しかし。この余計な一言をつい言っちゃうクセ。祖母→母→譲り。
 彼女らも、街で変な人や態度の悪い人を見ると、平気で文句言ったりするんだ...。ヨソの子が行儀が悪かったりするのも、怒鳴りつけたりね。
 あたしは、彼女達をみて「そんな事してたら、いつか刺されるよ!」って、いつも注意してた側だったはずなんす。 
 しかし、「自己主張」の激しい地域で数年過ごすうち、すっかりあたしもそっち側の人間に。
というより、彼女らを超えて、何でもズケズケ言うようになってしまいましたとさ。トホホ。
 このせいで、友達減ってます。ま、仕方ないっすけどね。日本で生活するには良くないと思ってるんだけれども、言いたい事をお腹にしまいこんで、「大人な振る舞い」ってヤツが、出来ないんだ。。。。
ただ単に、馬鹿なだけなんだけど。



 ああ。あたしって、きっと。いつか刺し殺されますね。(断言)


でも20代の頃から、通りすがりのオヤジと口論とかしてた。大抵あの年代(50代後半~70代)のオヤジとバトルしちゃうんだよね。アハハ。
スポンサーサイト

category: にっき

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。